読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学校訪問の記録

幼稚園児と小学生の2人の子供(女子)達の父親である私が、個人的なメモとしてブログを活用することにしました。意見・感想は私個人のものです。(ブログ全体、文中敬称略)

201509 明星学園小学校 授業参観と説明会

edutokyo_myojo_201509_001

初めての訪問。東京・三鷹にある、明星学園小学校を初めて訪問した。

説明会場の様子。参加者は普段着も居て、これまで参加した小学校の説明会では最もカジュアルだった。ちなみに我が夫婦はスーツで参加した。説明会会場に学級通信や作品が展示してあった。児童の手書きの学級通信がいいなと思った。貝塚へ行く社会見学も興味深かった。

自由(過ぎる?)&明るい授業。高学年のあるクラスを見学した。クラスの人数の割には教室が狭いと思った。見学者も大勢居るのでなおさらそう感じた。そして気になったのが児童の様子。大勢の見学者が居るのにも関わらず、アイシングで使用しているビニール袋入りの氷で遊んだり、妻が目撃したのだが、ハサミを口に入れる仕草をする児童が居たそうだ。クラスの雰囲気は明るく自由な感じだったことは間違いない。でも、私達夫婦が思っている自由とは、ちょっと違う自由なのかなと思った。

制服はなく、私服でリュックサック。

校舎見学を楽しみにしていたが・・・。自由な校風とはいえ、授業参観と校内見学はコントロールされたものだったので、見学が可能な教室も限定的だった。つまり全学年の教室をまわったわけではない。図書室や体育館などは見学出来ず残念。

校舎(建築物として)の見学も楽しみにしていたが、当日は雨だったということもあり、薄暗い箇所が多いと感じた。建物と建物の間隔が狭いと感じたし、教室間の出っ張っている部分を何か活かすことは出来ないのかなと思った。校舎がコンクリートより、木造又は木をふんだんに使用した方が、自由な校風に合致するのではないだろうか。やはり自由で明るい校風なのが、当校最大のポイントなのだから。

見学については、コース自体にも問題があると感じた。長時間教室に入っていたわけではなかったので、靴に履き替えが面倒だった。(さすがにこれは難しいと思うが、見学日が雨の日は靴底をタオルで拭くなどして入室可能にして欲しかった。)

感じが良かったスタッフの皆さん。教職員の皆さんのご対応が良かったと思った。頼もしい警備員に見守られて、安心して学校生活を送っていると思った。ここは良いポイントだと思う。

訪問を終えて。自由な校風で、授業の様子も明るく楽しそうだった。ただ上記にも書いたが、我が家の自由の定義と当校とは違うのだろうとも感じた。せめて見学をもう少しじっくりさせて欲しかったし、入学後どのような学校生活を日々送るのかをイメージさせられるようなコース・内容にして欲しかった。恐らく再訪問はしないだろうと思いながら、学校を後にしたが、中学校が隣にあるようなので、そちらはいつか訪問出来ればいいなと思った。

 

 
#35