読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学校訪問の記録

幼稚園児と小学生の2人の子供(女子)達の父親である私が、個人的なメモとしてブログを活用することにしました。意見・感想は私個人のものです。(ブログ全体、文中敬称略)

201505 自由学園 春の南沢フェスティバル

001 (2)

東京都東久留米市にある、自由学園の春の南沢フェスティバルを訪問した。

www.jiyu.ac.jp

幼小中高大の一貫教育を、広大なキャンパスで行っているが、毎年春と秋に実施される南沢フェスティバルは、一般にも公開されているイベントだ。我が家も家族で訪問した。

001 (3)

この広い芝生広場で毎年学園の体操会が開催されている。この日も大勢の人達が走り回ったり、座ってのんびりしたり、自由に過ごしていた。広場のすぐそばには西武池袋線の線路があるが、とても東京とは思えない光景だ。

001 (1)

小さい子供向けの企画がキャンパス内では開催されていた。こちらは下の娘が制作した色紙の帽子だ。スタッフ(恐らく初等部教員)が会場内にいるので、分からないことがあってもすぐに教えてくれた。

001 (4)

001 (5)

自由学園の名物とも言える自家製パン。同園のイベントを訪問するたびに購入している。近隣住民など、同園の関係者でなくても、ここのパンのファンは多いのではないだろうか。「毎日食べたいパン」である。

001 (6)

女子部の食堂内でも食事をすることが出来るが、混んでいたので、我が家は前述の芝生の上に座ってのんびりといただいた。美味。

001 (7)

女子部体操館では、美術作品の展示も行われていた。とてもよく出来ている紙の作品だった。可愛らしい。

001 (8)

初等部の体育館では、小さい子供向けのスポーツ系企画が行われていて、我が家の娘達も喜んで参加していた。こじんまりとした体育館の中はとても綺麗だ。グラウンドに面した窓からは、明るい光が差し込んでいた。

001 (9)

この雑木林の場所は、女子部と初等部の間辺りだったと思う。自然がいっぱいのキャンパスだ。他にも、ミニファームのような所や、ミニ田んぼがあったりする。

春の週末を、豊かな自然の中で過ごせて良かった。しかもそれが東京都内ということがポイントだ。学校を後にする時に、秋の南沢フェスティバルの日時を確認して予定に入れた。また行きたくなるキャンパス。それが自由学園のキャンパスだ。

 

#bh001